所得税の確定申告

蒲田税務署の所在地・電話番号・税務署番号


所得税の確定申告


確定申告とは

所得税及び復興特別所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額と、これに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに税務署に確定申告書を提出して、既に源泉徴収されている税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続のことをいいます。

 4月17日以降も確定申告が可能


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、所得税の確定申告期限は令和2年4月16日まで延長されましたが、17日以降も申告書右上の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と書いて確定申告書を提出することは可能です。なお、この場合の所得税の納付期限は、原則として提出日となります。


ショートカットメニュー

蒲田税務署の地図署番号税務署番号 【署番号と税務署番号は違います】
郵便番号(事業所個別番号)・住所電話番号管轄区域開庁時間

確定申告書のOCR処理

イータックス(e-tax)による電子申告を利用せず、確定申告書を紙のままで税務署に提出する場合であっても、現在では税務署でその申告書をスキャンしてイメージデータ化し、OCR処理をすることによって、書かれている内容をデジタルな数値データなどに変換しています。所得税(及び復興特別所得税)の確定申告書のほか、青色申告決算書、収支内訳書、住宅借入金等特別控除額の計算明細書で同様のOCRの技術が使われています。このようにOCR処理をする上では、確定申告は特別な用紙で提出する必要があり、民間で市販されている会計ソフト、経理ソフトを利用する場合であっても、各ソフトウェアメーカーでは国税庁が公開しているOCR処理のための仕様に準拠しています。


税務署の時間外収受箱

税務署は原則として土曜日、日曜日や休日、年末年始は「行政機関の休日に関する法律」の規定にもとづき窓口の営業をしていません。しかしこのような場合であっても、「時間外収受箱」と呼ばれる鍵付きの郵便受けに似たボックスが備え付けられており、ここに確定申告書などを投函すれば受理されるようになっています。税務署によって「時間外収受箱」の場所は異なりますが、多くは税務署庁舎の入口や門扉、守衛室の脇などの目立つところにあります。なお、ここに確定申告書などを投函しても、税務署から受理したことかどうかの通知があるわけではありませんので、不安がある場合には、確定申告書を正本と写しの2通用意し、切手を貼った返信用封筒とともに適当な封筒に入れて投函しておけば、後日、受付印が押された写しのほうが自宅などに郵送されます。


蒲田税務署の住所・電話番号ほか

蒲田税務署案内図

税務署名 蒲田税務署
署番号 01131

※ 図のように「法定調書合計表」の右肩などに記載する、税務署ごとに決められた番号のことです。法定調書合計表

税務署番号 00031316

※ 図のように「納付書(領収済通知書)」の上部などに記載する、公金の収納先ごとに決められた番号のことです。納付書

所在地 〒144-8556
東京都大田区蒲田本町2丁目1番22号
電話番号 03-3732-5151
管轄区域 大田区のうち蒲田地区
開庁時間 午前8時30分から午後5時まで
備考

振替納税期日

令和元年分の所得税及び復興特別所得税を振替納税する場合の口座引落し日は5月15日(金)です。


新型コロナウイルス感染症に伴う納税猶予

新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一括で納付することが困難な場合は、税務署に申請することにより、原則として1年間納税が猶予される制度があります。
また、令和2年2月以降の任意の期間において、収入が前年同期比2割以上減少している場合には、今回は「特例猶予」として延滞税なしの1年間の猶予が認められます。



 




令和元年分の確定申告期間


新型コロナウイルス感染症対策のため、今年の確定申告の期間は2020年4月16日(木)まで1か月延長されました。

その後も感染拡大が収まらないことから、4月17日以降も期限を定めず申告は可能となっています。ただし、この場合の申告相談は、原則として事前予約制となります。


↑ ページの最初に戻る