所得税の確定申告

山梨税務署の所在地・電話番号・税務署番号


所得税の確定申告


確定申告とは

所得税及び復興特別所得税の確定申告とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額と、これに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに税務署に確定申告書を提出して、既に源泉徴収されている税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続のことをいいます。

 4月17日以降も確定申告が可能


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、所得税の確定申告期限は令和2年4月16日まで延長されましたが、17日以降も申告書右上の余白に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と書いて確定申告書を提出することは可能です。なお、この場合の所得税の納付期限は、原則として提出日となります。


ショートカットメニュー

山梨税務署の地図署番号税務署番号 【署番号と税務署番号は違います】
郵便番号(事業所個別番号)・住所電話番号管轄区域開庁時間

軽減税率対策補助金

消費税の軽減税率制度への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等に対して、複数税率対応レジの導入や受発注システムの改修等を行う際に経費の一部を補助する「軽減税率対策補助金」の制度が創設されています。このうち、レジを使用して日頃から軽減税率対象商品を販売している事業者が複数税率に対応するためのレジの新規導入や既存レジの改修を支援するための制度は「A型」と呼ばれ、その補助率は、導入費用が3万円未満の機器を1台のみ購入する場合は4分の3、導入費用が3万円以上の場合は3分の2、タブレット等の汎用機器の場合は2分の1となります。


確定申告書の控えが欲しい場合

確定申告書を郵便などで税務署に送付するにあたって、税務署の収受日付印のある確定申告書の控えが必要な場合には、複写により作成した申告書の控えのほか、宛名を記入し所要額の切手を貼った返信用封筒を同封すれば、税務署から収受日付印を押印した申告書の控えが返送されてきます。なお、申告書の控えへの収受日付印の押印は、収受の事実を確認するためのものであって、内容を証明するものではありません。


山梨税務署の住所・電話番号ほか

山梨税務署案内図

税務署名 山梨税務署
署番号 01403

※ 図のように「法定調書合計表」の右肩などに記載する、税務署ごとに決められた番号のことです。法定調書合計表

税務署番号 00032539

※ 図のように「納付書(領収済通知書)」の上部などに記載する、公金の収納先ごとに決められた番号のことです。納付書

所在地 〒405-8585
山梨県山梨市上神内川738番地
電話番号 0553-22-1411
管轄区域 山梨市、笛吹市、甲州市
開庁時間 午前8時30分から午後5時まで
備考

振替納税期日

令和元年分の所得税及び復興特別所得税を振替納税する場合の口座引落し日は5月15日(金)です。


新型コロナウイルス感染症に伴う納税猶予

新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一括で納付することが困難な場合は、税務署に申請することにより、原則として1年間納税が猶予される制度があります。
また、令和2年2月以降の任意の期間において、収入が前年同期比2割以上減少している場合には、今回は「特例猶予」として延滞税なしの1年間の猶予が認められます。



 




令和元年分の確定申告期間


新型コロナウイルス感染症対策のため、今年の確定申告の期間は2020年4月16日(木)まで1か月延長されました。

その後も感染拡大が収まらないことから、4月17日以降も期限を定めず申告は可能となっています。ただし、この場合の申告相談は、原則として事前予約制となります。


↑ ページの最初に戻る