確定申告

東税務署申告会場(梅田スカイビルタワーウエスト3階)


確定申告会場

東税務署では、確定申告期間中、梅田スカイビルタワーウエスト3階において、所得税等の確定申告のための申告書の作成や相談ができる申告会場を開設します。

新型コロナウィルス対策に伴う確定申告期間の延長

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、所得税の確定申告期限と納期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました。振替納税の際の振替日も5月15日(金)に変更されています。

【追記】外出制限などでなお期間内に申告が難しい場合は、申し出があれば4月17日以降も期限を定めずに申告書を受け付ける取り扱いとなっています。4月17日以降の申告相談は、原則として事前予約制になります。



東税務署の確定申告会場(3月17日以降分)


申告会場の地図

管轄税務署

東税務署署番号:03101、税務署番号:00035019)
電話番号:06-6942-1101

開設場所

大阪市北区大淀中1丁目1番30号
梅田スカイビルタワーウエスト3階

開設期間

令和2年(2020年)4月16日(木)まで
相談受付は16時まで
※ 土曜日・日曜日・祝日・休日は原則としてお休みします。

備考

さらに詳しい情報を知りたい場合は、東税務署のページに記載されている代表電話番号から税務署に電話で問い合わせる(最初に音声ガイダンスが流れるので用件にあたる番号をプッシュします)か、または国税庁の公式ウェブサイトから大阪国税局のトップページにアクセスし、新着事項の欄をご覧ください。



確定申告における本人確認書類

確定申告書を提出する際には、マイナンバー法(「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」をいう。)に定める本人確認のため、次のいずれかの書類の添付が必要となっています。

  • 納税者のマイナンバーカード(個人番号カード)の写し
  • 納税者の通知カードの写し及び運転免許証などの写真付身分証明書の写し
なお、控除対象配偶者や扶養親族、事業専従者については、これらの書類は不要ですが、納税者が控除対象配偶者や扶養親族、事業専従者のマイナンバーを確認して、申告書に記載する必要が生じます。


所得控除とは

「所得控除」とは、所得税を計算するにあたって納税者の個人的事情を加味するために設けられている制度で、各種所得の金額の合計額から一定の金額を差し引くことができるものをいいます。したがって、実際に納付することになる所得税は、各種所得の金額の合計額から所得控除の合計額を差し引いた残りの金額を基礎として計算されます。このような「所得控除」に該当するものとしては、医療費の支払いがあった場合の「医療費控除」、国民健康保険料(国民健康保険税)や国民年金保険料の支払いがある場合の「社会保険料控除」、国や地方公共団体などに支出した寄附金がある場合の「寄附金控除」などがあります。




↑ ページの最初に戻る