確定申告

港税務署申告会場(港産業会館2階大ホール )


確定申告会場

港税務署では、確定申告期間中、港産業会館2階大ホール において、所得税等の確定申告のための申告書の作成や相談ができる申告会場を開設します。

新型コロナウィルス対策に伴う確定申告期間の延長

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、所得税の確定申告期限と納期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました。振替納税の際の振替日も5月15日(金)に変更されています。

【追記】外出制限などでなお期間内に申告が難しい場合は、申し出があれば4月17日以降も期限を定めずに申告書を受け付ける取り扱いとなっています。4月17日以降の申告相談は、原則として事前予約制になります。



港税務署の確定申告会場(3月17日以降分)


申告会場の地図

管轄税務署

港税務署署番号:03105、税務署番号:00035058)
電話番号:06-6572-3901

開設場所

大阪市港区磯路3丁目19番1号
港産業会館2階大ホール

開設期間

令和2年(2020年)4月16日(木)まで
相談受付は16時まで
※ 土曜日・日曜日・祝日・休日は原則としてお休みします。

備考

さらに詳しい情報を知りたい場合は、港税務署のページに記載されている代表電話番号から税務署に電話で問い合わせる(最初に音声ガイダンスが流れるので用件にあたる番号をプッシュします)か、または国税庁の公式ウェブサイトから大阪国税局のトップページにアクセスし、新着事項の欄をご覧ください。



確定申告書の種類について

確定申告をするにあたっては、申告の内容に応じて、給与所得や公的年金等の源泉徴収票(原本)、医療費の領収書その他の証拠書類を添付して、申告書を税務署に提出しなければなりません。
ただし、申告書の様式にはいくつかの種類があります。
「申告書A」は、申告する所得が給与所得や公的年金等、その他の雑所得、配当所得及び一時所得のみで、予定納税額のない人が使用できます。
「申告書B」は、所得の種類にかかわらず、誰でも使用することができ、たとえば給与所得者であっても、前年分から繰り越された損失額を本年分から差し引く場合などには、こちらの様式を使用します。


マイナンバーカードの電子証明書の利用

イータックス(e-Tax)によりインターネットを通じて確定申告をしようとする場合、本人確認の目的でマイナンバーカードに搭載された電子証明書を手続の過程で利用することになります。
この場合、マイナンバーカードに対応したICカードリーダライタの準備が必要です。
マイナンバーカードに対応したICカードリーダライタについては、地方公共団体情報システム機構が運営する公的個人認証ポータルサイト「マイナンバーカードに対応したICカードRW一覧」にくわしい機種の記載があります。




↑ ページの最初に戻る