確定申告

泉大津税務署申告会場(テクスピア大阪1階大ホール )


確定申告会場

泉大津税務署では、確定申告期間中、テクスピア大阪1階大ホール において、所得税等の確定申告のための申告書の作成や相談ができる申告会場を開設します。

新型コロナウィルス対策に伴う確定申告期間の延長

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、所得税の確定申告期限と納期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました。振替納税の際の振替日も5月15日(金)に変更されています。

【追記】外出制限などでなお期間内に申告が難しい場合は、申し出があれば4月17日以降も期限を定めずに申告書を受け付ける取り扱いとなっています。4月17日以降の申告相談は、原則として事前予約制になります。



泉大津税務署の確定申告会場(3月17日以降分)


申告会場の地図

管轄税務署

泉大津税務署署番号:03153、税務署番号:00035453)
電話番号:0725-33-5601

開設場所

泉大津市旭町22番45号
テクスピア大阪1階大ホール

開設期間

令和2年(2020年)4月16日(木)まで
相談受付は16時まで
※ 土曜日・日曜日・祝日・休日は原則としてお休みします。

備考

さらに詳しい情報を知りたい場合は、泉大津税務署のページに記載されている代表電話番号から税務署に電話で問い合わせる(最初に音声ガイダンスが流れるので用件にあたる番号をプッシュします)か、または国税庁の公式ウェブサイトから大阪国税局のトップページにアクセスし、新着事項の欄をご覧ください。



パソコン入力時の社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)に関して

国税庁のウェブサイト内の「確定申告書作成コーナー」を利用して、自宅のパソコンなどで確定申告書を作成する場合、平成29年分からの申告書(所得税・消費税・贈与税)や一部の申請・届出書(更正の請求書など)には、マイナンバーの入力が必要となります。
マイナンバーの入力は、申告する本人のほか、控除対象配偶者、控除対象扶養親族及び事業専従者も必要となります。
また、このマイナンバーの入力は、申告書等を提出する都度必要となります。


ビットコイン課税

ビットコインのような仮想通貨の使用によって利益が生じた場合には、所得税の課税対象となり、原則的には総合課税の雑所得として申告をしなければなりません。ビットコインをそのまま保有しているだけであれば利益が生じたことにはなりませんが、これを売却して日本円に換金するのであれば、売却した金額から取得価格を差し引いた利益に対して課税されます。




↑ ページの最初に戻る