確定申告

左京税務署申告会場(西陣織会館)


確定申告会場

左京税務署では、確定申告期間中、西陣織会館において、所得税等の確定申告のための申告書の作成や相談ができる申告会場を開設します。

新型コロナウィルス対策に伴う確定申告期間の延長

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、所得税の確定申告期限と納期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました。振替納税の際の振替日も5月15日(金)に変更されています。

【追記】外出制限などでなお期間内に申告が難しい場合は、申し出があれば4月17日以降も期限を定めずに申告書を受け付ける取り扱いとなっています。4月17日以降の申告相談は、原則として事前予約制になります。



左京税務署の確定申告会場(3月17日以降分)


申告会場の地図

管轄税務署

左京税務署署番号:03211、税務署番号:00035713)
電話番号:075-761-5371

開設場所

京都市上京区西堀川通元誓願寺上堅門前町414
西陣織会館

開設期間

令和2年(2020年)4月16日(木)まで
相談受付は16時まで
※ 土曜日・日曜日・祝日・休日は原則としてお休みします。

備考

さらに詳しい情報を知りたい場合は、左京税務署のページに記載されている代表電話番号から税務署に電話で問い合わせる(最初に音声ガイダンスが流れるので用件にあたる番号をプッシュします)か、または国税庁の公式ウェブサイトから大阪国税局のトップページにアクセスし、新着事項の欄をご覧ください。



FXで利益が出た時の確定申告

FX(外国為替証拠金取引)で利益が出たときには確定申告が必要です。FX取引における実現損益は、スワップポイントを含めて、雑所得または事業所得として申告分離課税の対象になります。通常はFX専用口座を開設している銀行、証券会社、その他の金融先物取引業者のウェブサイト上から申告に必要な期間損益報告書などの書類をオンラインで印刷するか、または申告時期までに郵送などで届けられることになっていますので、本人自身が確定申告を行うことになります。


マイナンバーカードを持っていない人の本人確認書類

マイナンバーカードを持っていない人は、確定申告における本人確認のための書類として、番号確認書類の写し、身元確認書類の写しの両方を添付する必要があります。
この場合の番号確認書類としては、マイナンバーの通知カード、または、本人のマイナンバーを確認できる住民票の写しなどが該当します。
身元確認書類としては、自動車運転免許証、公的医療保険の被保険者証、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、在留カードなどのうちのいずれか1つとなります。




↑ ページの最初に戻る